高松青果株式会社

高松市中央卸売市場の青果部 卸売業者です。
就農者向け情報・会社情報や採用情報を掲載しております。

旬を味わう

9月 梨 新甘泉(しんかんせん)・秋甘泉(あきかんせん)

特産地域
鳥取県
新甘泉
新甘泉
秋甘泉
秋甘泉
収穫前の新甘泉
収穫前の新甘泉
売場に並ぶ鳥取県産梨
売場に並ぶ鳥取県産梨

【梨の種類について】
 梨の種類は大まかに2種類あり、赤梨系と呼ばれるものと青梨系と呼ばれる種類があります。赤梨系は幸水梨・豊水梨などの黄褐色をしたもので、特徴として果肉は柔らかく多汁で糖度も青梨系よりはやや高めです。もうひとつの青梨系で栽培されているものはほとんどが二十世紀梨という品種で鳥取県を中心に栽培されています。赤梨系とは違いシャリシャリとした食感とさっぱりとした味わいが特徴で、見た目の色とともに涼感を味わうことができます。暑いときにはお勧めです。

【高松青果で扱う梨】
 高松青果には主に香川県、徳島県、鳥取県、長野県から梨を出荷していただいています。
 7月中旬から徳島県産の幸水、豊水から始まり、8月から香川県産の豊南の梨や鳥取県産ハウス20世紀梨、9月からは鳥取県産、露地20世紀梨、幸水、豊水などが始まります。そして、9月中旬頃から長野県産へと産地リレーが続きます。その時期の旬の産地をリレーして一番おいしい梨をみなさんの食卓へお届けしています。

【9月のおすすめ 鳥取県オリジナル品種】
 9月入ると鳥取県産の梨が主力となります。西日本の方にとって梨は鳥取県というイメージが強いと思います。みなさんは新甘泉(しんかんせん)梨や秋甘泉(あきかんせん)梨という品種をご存知でしょうか?どの品種も鳥取県のオリジナル品種で9月に出荷のピークを迎え、9月後半に出荷を終えてしまいます。どれも糖度が高くおいしいですが、それぞれの酸味やあふれる果汁感、シャキシャキとした梨らしい食感とそれぞれ違った味わいとなっています。

 梨の生産に力を入れている鳥取県は、ほかにも様々なオリジナル品種があります。今年は少雨の影響などもあり小玉傾向ですが例年と比べて糖度が高く、たいへんおいしく出来上がっています。今だけのおいしい梨を今のうちに味わってみませんか?

果実部 國方 直樹 宮﨑 紘次

採用情報

お問い合わせ